【2020年7月号】
今月で青木氏連載は最終回となりました。

最終回のテーマは《集客をする前に必要なこと》です。
起業して、集客がうまく行かない…と悩む前に決めるべきこと、
やるべきことについて、改めて考えるキッカケになる内容です。


「写真館と数字」コーナーでは、
2020年7月1日から始まった「プラスチック製買い物袋」についてです。
「そういえば写真館って対象になるの?」を調べてみました。

どうぞ最後までご覧ください。
 
青木水理氏連載 第6回(最終回) 『集客をする前に必要なこと
 
こちらのメルマガも最後の回となりました。
もう覚えていないかもしれませんが、第2回目でお話した内容はエモ消費について、
それから、ママフォトグラファーという職業はこれからの時代に有利というお話でした。

そしてさらに必要なものはフォトグラファーの付加価値について。
そのお話は次回で、と書いておりましたが、コロナで止まってしまっていたので、
最後の回はそのお話をしていこうと思います。

ママフォトグラファーがお客さまに選ばれる理由とは何でしょうか?
2回目のメルマガをぜひ読み返してみてください!)
「同じママであること」
「身近なロールモデルであること」
この2点は【共感】という部分では大きく有利です。
しかし、ママじゃなくてもママに絶大な人気を誇るフォトグラファーさんはたくさんいます。
その違いとは何でしょうか?

その人がもつ圧倒的な世界観や、雰囲気。この人の世界に我が子を入れたい!
という憧れは理由としてひとつ挙げられますね。
その他にも、その人が歩んできた人生や経験、その物語に惹かれて、同じ時間を共有したいと思うこともあるかもしれません。
どの理由にも共通して言えることは、ぶれない自分軸を持っている人が選ばれるということです。

自分軸というのは、会社で言うと
ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)
のようなものだと考えてもらえればと思います。
ミッションとは、使命です。
ビジョンは、それによって得られる理想の未来。
バリューは、何を大事にしながらそれをするのか。行動指針みたいなものですね。
そこを徹底的に深掘りし、「私はここを目指している」としっかり公言出来なければ
目先の集客テクニックやノウハウ、撮影技術に飛びついてしまい

「結局何がしたいんだっけ?」と自分自身が迷っていきます。
迷いは必ずお客さまに伝わり、この人に任せて大丈夫かな?と不安が不信に変わります。
自分軸は自分の信用を上げ、何よりも自分が自分にコミットできます。

そして自分軸があれば取捨選択ができます。
「これはするけど、これはしない」
が明確にわかるので、自分のすべきことに集中できるのです。

因みに自社(おひるねアート協会)のMVVは
ミッション…思い出写真作りのお手伝い
ビジョン…おひるねアートで世界平和
バリュー…もっと多くの人に、もっと早くこの楽しさを

です。このMVVをしっかり作りこむのに大体5年かかりました。
(詳しくはぜひこちらをごらんください

https://www.ohiruneart.com/aboutus.html

MVVは完成したら積極的に発信していきます。
「これが自社が掲げる会社の存在理由・価値です」
という意思表示です。
同じ思いを持った従業員、会社と一緒にお仕事をしたいし
そして同じ思いを持ったお客さまにこのコンテンツを届けたいと思っています。
MVVはお客さまに対しても取捨選択ができます。
自社のMVVに合わないお客さまをより分けることができるのです。

私は協会の中で、7年間で600名弱の起業したいママを育ててきました。
「知りたいことはなんですか?」という質問の9割が「集客」です。
巷でも集客方法についてのノウハウはあちこちに転がっています。
ただ、ほぼすべての方がその段階ではありません。
人を集めてもその後何を伝えるかが抜けているので、集まったお客さまに自分のやりたいことが伝えられず
・集まったはいいけどその後に繋がらない(リピートされない)
・体験価格では集まるけど体験目当てにされている気がする
という現象が頻発します。
はっきり言うと上記の方はあなたのお客さまではありません。
集めれば集めるほど労力だけが割かれて大した収入にならず、辞めていく起業ママさんも何人も見てきました。
そして決まって「好きを仕事になんてやっぱり無理ですね」というのです。
それは、本当に好きな事を仕事にしている人に失礼です。
諦める前に、ぜひ起業するときは自分軸を作ることをお勧めします。
(というか、必須です)
自分軸を作っていくうちに
「本当はこの仕事そんなに好きじゃないな」
「私のやりたい事はこれだな」
と気づくかもしれないし
「やっぱりこの仕事をどうしてもお客さまに伝えたい!」

と決意が湧くかもしれません。

大事なのは、自分軸は本当に心からの自分の想いなのか?ということです。
ちゃんと自己一致しているかどうかはとても大切です。
そして定期的に見直すことをおすすめします。
時代の流れも自分の想いも止まることはありません。
我が子の成長とともに変わる想いもあるかと思います。
それでもゆるぎない想いがあったなら、それはあなたの生きる目的が定まったのかもしれません。
何を軸として生きるのかは自分が生きていく上での心の支えとなります。



私は仕事ではなく自分の人生のMVVも作っていますが、その想いの延長に今の仕事がつながります。
女性は特に、結果よりプロセスを大事にしますので、仕事とプライベートを割り切るより、プライベートと仕事のMVVが近ければ近いほど、自分が納得し、しっくりくる人生が送れるはずです。



「そうは言っても子供や家族のことでいっぱいいっぱいで、目標がない人生なんです」
と嘆く必要はありません。
目標がない人生=目の前に起こるいろんなことを味わう人生だと私は思います。
そして自分軸はいきなりパッと決まるものではありません。
長い時間をかけて少しずつ構築していくものです。

協会では、講師資格を取っていただく前に最初の宿題を出します。
「なぜ、この仕事をしたいと思いましたか?」
「この仕事を通じて誰に何を伝えたいですか?」
ちゃんと独り立ちするまでにはもう少し深掘りしますが、最初はこの2つだけでも自分の仕事をする理由になるので十分です。
この答えがパッと出てこない方は、ぜひ答えを作ってみてください。

私もはじめはカメラの知識なんて全くない専業主婦でした。
起業し、自分の選択で自分の人生が決まることを身をもって実感していく中で
「自分が本当に望んでいる人生を送るには、【意思決定をすること】以外にない」
学びました。
「私はこれを選んだ」が多い人生ほど心豊かに生きられます。
その実感を持ったフォトグラファーさんが、初めて他者の人生にも大きく関わることができるのではないかと思います。


写真は、その家族の人生に関わるツールです。
その人の人生に残る写真を撮影できること、そして人の想いに触れ他者と関わることで自分自身もまた成長していくことが、仕事をしていく上で最大の喜びではないでしょうか。
誰かのために、そして自分のために、写真を撮り続けることができたなら、それは天職です。

最後になりましたが、全6回のメルマガを読んでくださりありがとうございました。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

 
青木 水理
【プロフィール】
長男の誕生以来、おひるねアートを趣味で撮り始めブログがママたちから高い支持を受け、ブログ開設後わずか4ヶ月で初の写真集「赤ちゃんのおひるねアート」を主婦の友社より出版したことをきっかけに、TVCMや雑誌広告の作品制作を手がけるなど数々の分野で活躍する。
2013年10月に『一般社団法人日本おひるねアート協会』を設立。「おひるねアートで世界中のママと赤ちゃんに笑顔を届けること」を使命に、おひるねアートを広げる活動として、認定講師の育成や、企業への作品提供などを行う。
2015年4月におひるねアート専門のフォトスタジオ「STORY」をOPEN(東京・水天宮)
スタジオセット、おひるねアートの全面プロデュースを行うほか、自身も指名制でのみ撮影を請け負う。
また、当初より子連れで仕事を行うスタイルを貫き、現在も子連れ出勤を実践。「赤ちゃんと一緒に働ける」環境の提案にも力を入れている。

 
【写真館と数字分析:写真館業はレジ袋有料化制度の対象になる?】

2020年7月1日より全国でプラスチック製買物袋の有料化が実施されました。
本メルマガを購読いただいている写真館業・フォトグラファー業の方も、撮影後のアルバムなどを納品する際に、プラスチック製の買い物袋をお客様へお渡ししていることが多いのではないでしょうか。
そこで「写真館業はレジ袋有料化制度の対象になるのか?」を調べてみました。

経済産業省のプラスチック製買物袋有料化実施ガイドラインによると、
対象となる事業者の具体例として、各種商品小売業、衣服や身の回り品小売業、飲食料品小売業、医薬品・化粧品小売業、書籍・文房具小売業…など、一般的に「小売業」と呼ばれるものが対象として挙げられています。
また、補足として「主たる業種が小売業ではない事業者(製造業、サービス業等)も、事業の一部として小売事業を行っている場合、その範囲において、本制度に基づき容器包装の使用の合理化による排出の抑制の促進に取り組む必要がある」と定義されており、例として「美容サロンで、美容グッズを販売する場合」も対象として挙げられています。このことから、「撮影」というサービスが主たる事業である写真館業も本制度の対象と捉えるべきだと考えられます。

袋を有料化した場合、どのように価格設定をすればいいのか?また、その場合、何割のお客様が「マイバッグ持ってます!」とレジ袋を辞退するのか?下図のような先行事例があります。

 
上図の例によると、事業者は2~5円で有料の袋を提供しており、更に実に7割以上の人が有料レジ袋を辞退していることがわかります。

これからマイバッグが一般化し、有料の袋を辞退するお客様が更に増えていくことが考えられますが、自社のブランドイメージ・広告として「うちの袋を《無料で》配布したい」と思う写真館経営者の方もいらっしゃることと思います。

(1)プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
(3)バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

上記の要件を満たすプラスチック袋、あるいは紙袋や布製の袋であれば、「繰り返し使用できる」という観点から有料化の対象外となります。
毎日の買い物とは異なり、写真館という「一生に一度のハレの日の記念」を残すサービスとしては、多少のコストはかかったとしても、無料の袋(=繰り返し使えるもの)を提供するという選択肢もあるのではないでしょうか。

お客様の「プラスチック袋有料化」に関する価値観の変化、自社で扱う袋の仕入れコスト、有料の場合の販売価格設定、あるいは近隣ライバル店の対応など、情勢を鑑みてどうしていくのか考えていきたいものですね。

【データ出展・参考】
経済産業省ホームページ

 

【あとがき】
ついに青木氏連載は最終回を迎えました。
女性ならでは、ママならではの目線が
新鮮に感じた方も多かったのではないでしょうか。

来月からの連載は
株式会社Mクリエイティブワークスのエグゼクティブプロデューサーを務める櫻井均氏に
ブライダル業界の「今」と「これから」を語っていただきます。

どうぞお楽しみに!


 
メルマガバックナンバー
Facebook
YouTube
Instagram

●ご不要の場合はお手数ですが、 こちらのフォームにて配信停止をお願いいたします。
●本メールはHTML形式で配信しております。正しく表示されない場合は こちらから

●このメールは送信専用のため、ご返信いただきましても、対応できません。
お問い合わせはこちらよりお願いいたします。