2020年1月号

皆さんこんにちは

相変わらずの寒さで、
春の訪れが待たれる昨今ですが、
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

1月号では
HPを中心にして、Webは『城を築くがごとく』という内容で
メルマガ最終章として各お店にあったSNSの使い分けの
重要性にフォーカスした記事を掲載していきます!

是非ご一読ください。


 
こんにちは。


七五三ドッとコムを運営の吉田です。


今回でメルマガ第6回で最終回になりますが、前回第5回に引き続き

HPを中心にして、Webは『城を築くがごとく』と銘打ってお伝えします。



◆HPは城で例えるならば『本丸』◆

私吉田もそうですが、同メルマガをご覧の写真館・フォトスタジオの皆様の中にも『戦国時代・武将好き』という方は多いでしょう。


大河ドラマでもよく取り上げられる戦国時代・戦国武将を語るときに、

『城』

というものは、それらに切っても切れないものです。


「城」とはまさに同メルマガで私自身がいい続けている、HPを中心としたWebの大事さ・重要さを言い表すのに最もイメージしやすいものだと思っています。


HPは(これまで同メルマガで言い続けてきたように)大変重要なメディアです。
ただし、HPだけに力を入れていれば、HPだけ良いものにしていけば、万事OKという時代ではないことはこれまでもお伝えしてきました。


とはいえ、現代は

スタジオ・店舗の公式HPがない=この世にそのお店が存在しない

とお客様に思われてしまう時代であることもまた事実です。


そしてHPはさきほどの「Web=城」という概念において、『本丸』にあたる最も重要なものなのです。



◆HPは城でいう「本丸」 しかし本丸だけでは強い城にはなれない◆

HPは城で例えるなら本丸です。


その城の城主が入り、その国の政(まつりごと)や戦いに関する多くのことが決められる場所が城の本丸です。

本丸のない城というものが成り立たない、そのくらい重要不可欠なものです。


大阪城、江戸城、安土城、などなど多くの城において「本丸はお城の象徴的な存在」なのです。


城の本丸と同じくらいHPは重要かつ不可欠なものです。


しかし、城というものは「本丸だけ」では、強い城とは言えません。
城門や砦、曲輪、堀や塀、櫓などを防御施設などを地形にあわせて上手に配置することによって、はじめて「強い城」となるのです。


有名な大阪冬の陣・夏の陣で、徳川家康が冬の陣で豊臣側と講和後、大阪城の本丸を残して堀を埋め、砦や櫓などを全て壊し、大阪城を本丸だけの「裸城(はだかじろ)」にしてから、夏の陣で豊臣家を攻め滅ぼしました。


このように城というものが本丸だけではダメなのと同じように、WebにおいてもHPだけではダメなのです。



◆ブログやTwitter、インスタグラムやアドワーズなどは、砦であり櫓であり堀や曲輪である◆

前述のように、「城」とは本丸だけではその力を発揮できず、それを取り巻く二の丸、三の丸などの曲輪、砦や櫓、堀や塀など、本丸以外の様々な防御施設などを組み合わせることにより、総合的な防御力や攻撃力、その城の力を最大にするのです。


本丸=HPだとすれば、前回第5回メルマガで取り上げたブログやTwitter、インスタグラムなどSNSは、本丸を守りかつ組み合わせることにより最大に力を発揮する、城でいう曲輪や砦、堀や塀などにあたるものになります。


HPの周りに上手にブログや各SNS、そしていまだとGoogleアドワーズなどのネット広告などを配置し、組み合わせて展開することが重要なのです。


Twitterが効果的に集客につながるスタジオもあれば、インスタグラムがそうであるスタジオもある。
ブログがいまでも効果的にアクセス・集客につながってくれているスタジオもある。


それら本丸であるHPのまわりにあるものたちが、集客もしてくれて、かつそのスタジオの良さや魅力を伝えてくれている。
もちろんHP自身もその魅力を伝えているが、むしろ現代ではブログやTwitterなどが集めてくれたお客様を、しっかりと成約に結びつける、来店に結びつける、電話予約・Web予約に結びつける、というのがHPが「Webの本丸」としての役割となってきています。



◆どれにどう力をいれるのかは、スタジオごとに違っていていいし、プロの意見や技術をとりいれるのも”あり” ◆

では、そのブログやTwitterなどがHPとともに大事なものであったとして、どれにどう力をいれたらいいのか?ということが思い当たると思います。


その答えとしては、

どれをどう力を入れて、どう組み合わせるかはそのスタジオ・店舗によって違う

としか答えようがないのも事実です。



なぜならが、その写真館・フォトスタジオによって、立地も異なれば客層も違う、規模や競合具合も、人員の数や質も異なるからです。


ただし、「ブログをやれば、インスタをやれば万事OK」ということでは決してないので、

どのスタジオ・写真館においても

『王道がない』

のですから、

「可能性のあるあらゆることをやってみて、自分たちのスタジオ・店舗に合うやり方、SNSなどを見つける」

というのが唯一の正解でしょう。


どれを強くしていくか(逆にどれを弱くてもいいか)は、スタジオ・写真館によって異なっていて良いのです。


そして、(手前味噌ですが)私吉田のような「プロ」にアドバイスを得て、Webの展開や全体構築を行うのもいいでしょう。


プロは自分のクライアントで様々な事例や経験を通して、戦国時代における『軍師』としてのアドバイスをしてくれるのですから、そういった人物を味方につけるのもいい選択肢です。



◆変化の激しい時代に「変わること」を恐れるなかれ◆

今はみなさんもご存知のように

変化の大変激しい時代

です。



HPが大事と言っても、お客様のほとんどがスマホでHPを見る時代に変わり、これからの3年・5年・10年がどのように変わるかはまったくわからない時代です。


そんな時代だからこそ、

今はHPで集客できている
今はインスタで集客できている

というスタジオ・店舗もこの激しい変化についていかざるを得ず、今集客できているものも次の年にはまったく集客できなくなるかもしれません。


そうであれば、変わっていく世の中(=お客様の需要)を受けいれて、変わるべきところは積極的に変革することを受け入れるべきです。


今回例えで使っているお城で例えるなら、戦国時代のお城も時代の変化に合わせて変化してきました。


戦(いくさ)の激しい時は戦い向けのお城として、江戸時代になり平和な時代にはそれに合わせたお城の佇まいに変わり、変化に対応してきたわけです。


ぜひみなさまのスタジオもお伝えしてきたような、Web=城と見て、時代の変化に合わせて、いまある様々なメディア、HP・ブログ・各SNS・各種ネット広告などを組み合わせて変化させて、この時代の荒波を見事に乗りこなしていきましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーー


ここまで全6回のメルマガを読んでいただきありがとうございます。


文字数が限られたメルマガというもので伝えてきたことは、私吉田が大事にしていること、思いの一部分でしかありません。


でもこのメルマガを通して読んでくださってるみなさまに、少しでも閃きに繋がったり、伝わってくれたものがあるのなら、嬉しい限りです。


今回、メルマガでこういう表現の機会をいただいたラボネットワーク様にも厚く感謝を伝えるとともに、私吉田のメルマガ最終回を締められればと思います。


最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

(終)
吉田 英隆(よしだ ひでたか)

プロフィール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大手印刷会社、新聞系出版社に勤務後、
七五三に特化したポータルサイト
『七五三ドッとコム』を立ち上げる

https://shichi-go-san.com/

現在フォトスタジオを中心に全国800店舗以上が同サイトに登録
同時に同サイト登録のフォトスタジオを中心に、HP・ブログ・SNSなどWeb戦略と集客・売上&客単価増のコンサルティングを行っている

フォトスタジオの現場を訪問することを大切にし1店1店の特徴や強みを活かしたHPの運営・発信をアドバイス、売上げ増に貢献

最近では神社に対しても
コンサルタントとしてアドバイスを行っており
活動の幅を広げている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大寒のみぎり、皆様いかがお過ごしでしょうか

写真館を訪れるお客様の中には、
写真を飾ることに対してまだ慣れていなかったり、
どう飾ればいいかわからず「データだけ」のプランを選ぶ方もいると思います。
写真を飾るということの大切さや素晴らしさを伝えられたら、
売り上げも伸び、満足された方はリピーターにもつながりますよね。

そこで今回は、「写真を家に飾ることの重要性と意識の変化」
についてお話ししたいと思います。

【日本の子どもは自己肯定感が低い?】

今回は内閣府HPに掲載されている、意識調査結果をもとにお話をしていきたいと思います。


3つのグラフをご用意させて頂きました。
日本は他国に比べて満足感を感じにくい状態にあることがわかりますね。
また、長所や将来への希望に関しても消極的かつ、自己肯定感が低いことが見受けられます。

【自己肯定感が低いとどうなるの?】
自己肯定感が低いと、成功よりも失敗した体験を強く意識してしまい、何事にも不満や不安を抱きやすくなります。
また、最終的には「自分の考えを持つ」ことがなく、周りに振り回されてしまいます。
自分の考えを持たないということは、他人の考えに対して従ってしまうだけの存在であり、
他人の考えや価値観を基準に自分の言動を決めていく癖がついてしまいます。


【自己肯定感をのばすためにはどうしたらいいの?】
自己肯定感とは「自分には価値がある」「自分は愛されている」というように自分の価値や存在意義を前向きに受け止める習慣化することが重要です。


【自己肯定感を高めるには「ほめる」ことが重要】
「お手伝いしてくれてありがとう。」「○○してくれたんだね!えらいね!」など、条件褒めを行ったり、何か特別なことがなくても、子どもの存在自体をほめて認める「無条件褒め」など、方法は様々です。


【写真と褒めることにつながりはあるのか?】
こうした日本人の子どもの自己肯定感の低さを踏まえ、
教育評論家の親野智可等氏を中心に脳科学者・発達心理学者・パートナー企業の協力のもと、
「写真の力を使って子どもの自己肯定感の向上に役立てよう」と始められたのが、「ほめ写」プロジェクト。
「ほめ写」とは、写真を飾ってほめることで、子どもの自己肯定感を向上させる子育て習慣のこと。
子どもを写した写真を飾り、それを見ながら親がほめてあげます。下の図をご覧ください。

 



ほめ写実験として普段から写真を飾っていない家庭でほめ写を実施した研究結果を発表しました。
結論はズバリ、ほめ写実験前に比べて、子どもの自己肯定感につながるスコアは全般的にアップしていました。

ほめ写の詳細は、こちらhttps://homesha-pj.jp/

そこで、アルバムはもちろん、家の中に飾れるアイテムを取り入れ、家族のコミュニケーションツールの一つとして思い出を形にして残すのはいかがですか。とお客様にご提案出来たらいかがでしょう?

お客様の背中を押す提案出来たら素敵ですよね!

今回の記事が、その手掛かりになれば幸いです。

 
【出典・データ】

内閣府HP
特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/tokushu.html

ほめ写プロジェクト
https://homesha-pj.jp/
【あとがき】
吉田氏の最終回はいかがでしたでしょうか?

店のアピールしたい部分をお客様に知ってもらうためには
どのツールが一番良いか選び所についてや、
第三者からのアドバイスをもらうことの重要性もわかりましたね。

今後もみなさまにより耳よりな情報や、
プラスな情報をお伝えできるよう
頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします!


 
メルマガバックナンバー
Facebook
YouTube
Instagram

●このメールマガジンは、弊社発注ソフトPPMをご利用いただいているお客さまに送信しています。
ご不要の場合はお手数ですが、 こちらのフォームにて配信停止をお願いいたします。
●本メールはHTML形式で配信しております。正しく表示されない場合は こちらから

●このメールは送信専用のため、ご返信いただきましても、対応できません。
お問い合わせはこちらよりお願いいたします。