2016-04-12_mailmag

●このメールマガジンは、弊社発注ソフトPPMをご利用いただいているお客さまに送信しています。
ご不要の場合はお手数ですが、こちらのフォームにて配信停止をお願いいたします。
●本メールはHTML形式で配信しております。正しく表示されない場合はこちらから

はじめまして!ラボネットワーク メルマガ担当 川口 匠と申します
弊社でも遅ればせながらメールマガジンをお送りできる環境が整いました。
みなさまに役立つ情報をお届けしていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

日本の春と言えば、何といっても「桜」ですよね!
個人的にこの時期になると満開の日がお休みと合うかで、何となくそわそわする私ですが
今年は週末雨の予報を見て、仕事帰りに神社の夜桜を楽しみました。
桜は昨年以上にキレイで、ビールと焼き鳥がより美味しかった気がします。

花より団子で充電完了した川口より、はじめてのメルマガをお届けいたします。

写真アルバムプロ プレスに表紙が新登場!

お待たせいたしました!
紙ならではの優しいぬくもりでご好評いただいております写真アルバムプロ プレスに
すっきり扱いやすく端整な印象の「ハードカバー」と
クッション(あんこ入り)加工を施して、高級感・ボリューム感をさらに引き立てた
「プレミアムハードカバー」の2種の表紙をリリースいたしました。

さらに、少ない撮影カット数にも対応できる
重厚な仕上がりが好評のクラシックタイプも合わせてリリースしました。

なお、こちらは従来のすべてのオプションにも対応しております。
※詳細は担当営業までお問い合わせください。

弊社主催、人気講師を招いてセミナーを開催します!

「愛機をベストな状態で使う為のメンテナンス術」

講師:山下亮氏(キヤノン正規修理代行店「PDA GALLOP」代表)
プロカメラマンに求められるデジタルカメラ時代のメンテナンスやプロ専用のメンテナンスを行っているメカニックだからこその方法論、また業界初「プロカメラマン専門」メンテナンスから、三年で脱下請け。「顧客創造」経営はどうして生まれたのか?について講演いただきます。

日時:4月27日(水)13:00-16:00
場所:ラボネットワーク川口本社匠ファクトリー
料金:3,000円/1名交通:駐車場に限りがありますので事前にご相談ください
※現在若干数の空きがありますので弊社営業担当までご連絡ください。

【講師/山下亮氏の経歴】
キヤノン正規修理代行店「PDA GALLOP」代表取締役
30年以上メーカー修理に関わってきた経験を生かし、3年前から世界初の「プロ専用メンテナンス」を開始。Facebookなどを使い口コミにて直接プロカメラマンからのメンテナンス依頼を受ける事業をスタート。雑誌、セミナーなどで「新しいメンテナンス概論」を広める活動を行っている。

海外フォトビジネス最新情報

今年3月8日から3日間、WPPI視察のため、ラスベガスに行ってきました。
WPPI(WEDDING and PORTRAIT PHOTOGRAPHESRS INTERNATIONAL)とは1980年から毎年ラスベガスにて行われる全米最大のプロフォトグラファー向け展示会です。

今年の出展企業は257社、来場者は約13,000人と大きな盛り上がりを見せ、海外のフォトスタジオ、フォトグラファー向けの新たな製品を目の当たりにしてきました。

その中の一部だけご紹介したいと思います。

アルバムのペーパーでは銀塩を使っているところが多数でしたが、メタリックなど特徴のあるペーパーを使用しているものも見受けられました。また、ラミネートの種類が豊富だったことも印象に残っています。

アルバム表紙はバリエーション豊かで、布、木、合皮、リアルレザーなど、素材にこだわったものが目立ちました。更に箱やリボンなどオプションの提案も多く、弊社でもぜひ導入したいと思うような商材もありました。

また、「USBメモリ+ポストカード」のセットBOXが人気のようです。更にアメリカではNEW BORN撮影が大きなビジネスになっているとのことで、撮影小物販売にはかなりの人が集まっていました。

全体的な所感としては、展示方法の様々な工夫が参考になりました。弊社でも6月のフォトネクストを始め、夏にはたくさんの主催イベントが控えているので、お客さまに喜んでいただける商材を準備して、ご来場をお待ちしております!

コラム

「全天球カメラの可能性」

「全天球カメラ」をご存知ですか?
他のカメラと同じように、撮影ボタンを一度押すだけで、
360度撮影ができるというものです。

そんな面白いカメラなので、「なにか商品としてできないか」と思い、実際に撮影してみることに。
撮影してみると、1回のシャッターで前も後ろも右も左も、加えて上も下も全方位しっかり写ります。

そこで、その特徴を活かして何かに使えないかなと考え、集合写真で使ってみることに。
大人数での集合写真で必要なのは、撮影場所(広さ)です。

大人数になると画角に収めようとするため、被写体から離れて撮影をすることになります。
しかし全天球カメラを使えば、ぐるっと360度撮影できるため

★狭い場所での集合写真が可能
★周囲の環境をまるごと切り取ったような写真が撮れる

・・・といった他のカメラにはない特徴があり、
様々な可能性を秘めています。
まだまだ構想段階ですが、こういった新しいものにも飛び込んでいき、
さらにクリエイティブでおもしろい商品も考えたいですね。